私とREIKI ③ 【レイキLevel 2〜3まで】

私とREIKI ③

【レイキLevel 2〜3まで】

レイキLevel 2、3からは、シンボルと共にマントラも与えられます。
ご興味のある方は是非、受けてみてくださいね。

 

Level 2終了後も、Level 1同様に1ヶ月の浄化期間に
シンボル、マントラ、ハンドポジションの練習があります。

 

ここは私自身、しっくり来るまで若干の時間がかかりました。
このシンボルとマントラがどうしても、
呪文のようで、なんだか、「ごっこ」のように思えてきたので。
でも、ここも逸れる気持ちを集中して、
毎日練習しました。

新しいスタートを切る直前でしたので、
神頼みならぬ、レイキ頼み的な気持ちが確実にありました。

 

そして、ノープランで退職し、働き方のわからない私には、
時間だけはたっぷりあり、
1時間のハンドポジションの練習と、
朝晩30分の瞑想Timeをしっかり取ることができました。

 

すると、だんだん自分自身を癒す、
極上の時間を味わうようになっていきました。
自然と「早くレイキしたい」と思うようになっていきました。

 

そして、ある日、ハンドポジションでレイキしている時に、
不思議なビジョンを見ました。
自分が透明な入れ物で、何故か金の縁がついていて…
棺桶のように見えましたが、
そこに頭頂部分からドライアイスのような薄い煙が入ってきて、
ゆっくり隅々まで満たされていく映像でした。
このイメージは、今でも私をレイキで満たす為にとても役立っています。

 

そして、またある日。
今度は、鼻腔の奥がメキメキと音を立てて開いていって、
上は第3の目の位置から少し上まで、
下は喉の奥からハートのチャクラまでの気道が、
半ば強引な力で開かれていきました。
夢かなと思いましたが、今もしっかり開いていて、
以前よりもずっと呼吸がしやすくなって、助かっています。
頭頂から入る呼吸をとても味わいやすくなったように思います。

 

そして、Level 3 。
ここではマスターレベルのシンボルとマントラが与えられ、
他者にアチューンメントを通す儀式を習います。

 

晴れて、レイキマスタースチューデントとなる事ができました。
この後も、もちろん毎日の練習が待っているのですが、
もう、やらされてる感は全くないので、
大した事はありません。

 

ここまで、やってくると日常的に沢山の気づきが起きてきます。
もしかしたらレイキをしていなくても起きているのかもしれませんが、
この、微細なエネルギーを感じ受け取る感覚を身につけると、
日々の奇跡的な出来事に気づき感謝する機会が確実に増えて行くのです。

 

そして、レイキLevel 2 を受けてから、1年を経過し、
やっと、シンボルもマントラも「ごっこ」ではなく、
大変重要である事も理解していきました。
慣れてしまったとも言えますが、
このシンボルとマントラに意識の集中を助けられています。

 

レイキは体を癒すだけでなく、
食べ物や薬、動物、家電製品、場所、空間にも施す事ができます。
時空を超える事もできます。
過去、現在、未来、遠隔で人を癒す事も出来るのです。
こういった事を理解するのに、ヨガの哲学が非常に役に立ちます。
全ては1つであり、過去も未来も今であるという事。
レイキエネルギーは魔法ではなく、
全て同じエネルギーでできた物の「つまり」を
レイキの通り道を持った人の体を通して流して、
調和させていくものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA