私とREIKI ⑤ 【レイキは友達⁉︎】

私とREIKI ⑤
【レイキは友達⁉︎】

REIKI level 1 のマニュアルの最後に「レイキを友達だと思って」という記述があります。
また、マイルズ先生のレイキWSの最後にも、
「レイキを自分自身の導き手として使っていくのも良いでしょう」と
一言添えられる事もよくあります。

 

私は、エネルギーを擬人化する感じがわかりませんでした。

 

この言葉の意味合いを、
例えば、天使や妖精の類が見える方むけ、若しくは、
修行が進むと見えるのか?という…

 

完全にその存在が形として見える事を
前提に受け止めてしまっていたのでした。

 

 

そして、その本当の意味を
レイキを日常的に、特に仕事で使う事で徐々に理解していきました。
私は、何の準備もなくフリーランスになってしまったので、
日常的に崖っぷちな状況になりやすく、
目の前にやってくる仕事を全てチャンスと思って、
引き受けていました。
売りにできる様な経験もない私にやってくる話。
それこそ、奇跡ではないかと思ってしまう。
けれど、どんなに面白い話であっても、
やはり、それが全て私の生きる道に必要な事かといったら、
そうではなかった。
なんでも成功してとにかく這い上がりたい私は、
なんでもかんでも神頼みならぬ、レイキ頼み。

 

レイキしておけば、きっと良い方向にいく!と思い込みたかった。
必死だから。

 

でも、レイキの性質は、

必要な所に流れる

訳で、レイキしたものが全て正解なわけではない事を、
私はわかっていなかった。

 

レイキしたのに結果が出せない。

 

なんだよ、レイキ。使えないじゃん。

 

でも、その後すぐに、
流れるわけがない事に気づく。

 

そこで成功してたら遠回りか迷子になっていたかもしれない。

 

そして、何回かこんな事を繰り返し、
やがて自分の歩きたい道が見えてくる。
曖昧にしてきたゴールも定まってくる。

 

大体の賢い人々は、
自分の目指すゴールを定めて、助走し始め、ここぞという時に、
フルパワーでスーパージャンプアップをしていくのでしょうけど、
私はゴールも定めず、
ごちゃごちゃした瓦礫だらけの道にうっかり立ってしまい、
でも後戻りという選択肢だけはないという
どうしようもない状態で当然苦しみました。
そんな中、必死で使うレイキが、必要なもの、必要でないものを、
知らせてくれる。
それは、時に大変厳しく、
もう立ち直る事が出来ないかもしれない、というくらい
ダメージを与えられる事もありました。
バチが当たるとかではなく、
完全に無視されるような感覚です。
1ミリも1滴もエネルギーは流れない。
そして流れる時には、
同時に特別な体験を用意してくれる。

 

現在、こういう場合のレイキの使い方を覚え、
同時に「導き手」という表現の意味を理解しました。
私の無駄を次々に削ぎ落とし、進むべき道をクリアにしてくれる。
まさに、導き手。
外からではなく、私の内側から示してくれる。

 

また、友達という表現にも間違いがない事を知りました。

 

例えば、日常生活の中で、不安に陥ったり、嫉妬してしまうような
シーンもたまにはあるものですが、
そんな自分自身をレイキをする事によって、
予想もしなかったやり方で解消されたりする事もあります。
ちょっと弱気になっている時に、
笑ってしまうような体験を通して、
あっさり無駄な感情を流し去ってくれる。

 

マニュアルの中に、
「レイキにはマインドがあり…」なんて1文があるのですが、
マインドもあれば、性格もあると私は思っています。
とても、お茶目な愛情あるやり方で真実を見せてくれたりします。

 

どうしても、外からの情報にとらわれてしまいがちですが、
内側の個人個人に存在する真実を見失わないための道具として、
レイキを使っていけるという訳です。

 

今この時も、外からの影響を受けて凹みそうですが💦
今こそレイキをつかってフラットな自分を保とうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA