私とREIKI⑦ 【粒子化する物質と成長する手】

 

私とREIKI⑦
【粒子化する物質と成長する手】

 

私が定期的に施術を受けている
teateセラピストの大原廣恵さんが、

 

「私、手を育ててるの。」
と言っていて、

 

良い表現だなと思っていたら、
嬉しい事に、私も手が育つという感覚を理解する事が出来ました。
これもレイキのおかげかな?…teateかな?
ありがたい事です。

 

私が毎週同じ方々にレイキの施術をするようになってから、
半年くらい経った頃、
master teacherのマイルズ先生の提案で、
master students 主催で体験会を開催する事になりました。

 

どんなものか、どうしてもやってみたくて、
とにかく私が仕切るから、
masterの皆さまにフォローしてくださいとお願いして、
やりたいようにやらせて頂きました。

 

また、その時期を同じくして、
割と大きなアクセサリーの展示会も重なってしまい、
準備等、かなり集中しなくては動けない状況のなか、
それでも、レイキをあまり知らない人へ施術をする緊張を払い退けるために、
セルフトリートメントもいつもより多めにしていました。

 

初めての体験会は、
沢山の反省を生み出しましたが、
なんとか無事に終了しました。

 

そして、何か乗り越えた感覚で安心した頃、
手のひらと、足の裏にジリジリと薄い電気反応の様なものが起こる様になり、
常にレイキエネルギーがONになっていると直感で理解しました。

 

それが、面白くて、
毎日60分以上かけてセルフトリートメントをする事に
ハマってしまいました。
これまでとは、味わいがまるで違っていました。
手を当てた瞬間から、みずみずしい感覚が
体の隅々まで広がっていくのを感じました。

 

毎週私のレイキを受けてくださっている方にも
「私、手が変わったんですよ。」
とニヤニヤしながら言ってみたら、
真顔で、
「それは、わかるわよ。」
と言ってくださり、
自分で言っておいて、とても驚いてしまいました。

 

さらに何でもかんでも触れてレイキしてみたくなり、
その接着面にとても興味を持つ様になりました。

 

この薄い電気反応はなんだろう?

 

何かの欠乏症か?
とも思いましたけど…^^;

 

レイキの施術の時は、特に念を送る必要はないので、
いつもなるべく空っぽでいる様にしているのですが、
この不思議な反応はどこまで持続して、どの様に変化するのか?
感覚を針の糸を通すよりも、もっともっと繊細にしてみたら
どこまで観察する事ができるのか?

 

それから、私の観察が始まりました。

 

手のひらで起こっている電気反応は、
炭酸飲料の表面のように粒子が細く飛び跳ねている。
それが人の体に触れて、馴染んでくると、
体の表面がふわっと個体ではなくなり、
同じように粒子化していくのを感じました。

 

これが調和なのか?

 

粒子化した体に触れているとある時は、もうひとつ深く手が中に入り、
そこはとても柔らかい水風船のような
ポニョポニョの何かに触れている様に感じる事もありました。

 

私の観察は、まだこの辺りで、
その先は未知の世界ですが、
相手の方の気道を手の平で感じる事ができる様になりました。

 

そういう反応が見られる時は、
大抵相手の方もまた、不思議な感覚を持っていたり、
一瞬で深い眠りに落ちていたりする様でした。

 

この体験もまた、
前回の『私とREIKI⑥』で書いた、
「すべてのものはエネルギーで出来ている。」
という前提を理解する所へ結びついていきました。

 

個体、物質は、本当は固くない…?

 

人だからかな?
水でできてるから、自分と相手の性質が同じだから、
調和しやすいだけかもしれない…

 

その頃、初めてぬいぐるみのオーダーをいただきました。
作った事もないのに、
それでも、「さとこさんの世界のコを見てみたい。」なんて
言ってくださる、お客様がいらして…♡

 

それは…私も見てみたい…♡

 

そして、そのぬいぐるみは
そのお客様のお嬢様のバレエのコンクールを
見守るお役目のコ、というオーダーでしたので、
これは、レイキをしなくては…!

 

とても愛着の湧くコが生まれ、
しっかり手で包み、レイキする。

 

人にするのとは感覚は違うにしろ、
やはり、接着面は沸き上り、触れている感覚が消えていく。

 

浮いているのか?

 

やっぱりそうなんだ。
個体、物質は固くない。

 

私は物理も化学も苦手で、
こういう現象を学問で説明できる人もいる様ですが、
私の所見は、100%観察によるものです。
そのうち、これを言葉でご説明できる様に
勉強してまいります。💦

 

その後、ぬいぐるみは実力を発揮。
お役目を果たし、
バレエコンクールの成績は、
予想以上のものだった様です。

 

レイキの体験会、
Reiki Eveningを経験した事で、手が成長したと感じました。
その事をマイルズ先生にもお伝えした所、
「責任あるものをやりきると、ひとつステージが上がるって事はあるよ。」
との事で、これは、ご褒美だったんだ。
やはり、レイキによる教育は続いている✨

 

エネルギーとか感じられないんだよね。

 

とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
感じたいだけなら、ひたすら感覚器官を繊細にしていけば、
誰にでも、わかるものなのだと思います。

 

私は別に特別な身体ではないのです。

 

大切なのは、意識をどのレベルで保つのかという事だと思います。

 

この新たな意識を使って、セルフトリートメントで私自身の形を粒子化する感覚を習得し、
ヨガ的な言葉でいう、「すべては1つである」という事を理解する事ができました。
全て、同じ粒子
ヨガ哲学は遠い世界と思っていましたが、
意外とすぐに体験はできる。
しかし、それを現代社会と調和するために、
どう生かしていくのかという事が、
最大の課題であり、人生の醍醐味なんだと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA