私とREIKI⑧【「ただ在る」を学習する】

「マントラは、どのポジションでも唱えるのが、
一応、スタンダードです。」

「あ、そうか」

すでにまぶたの上に置かれていた
手の温度が瞬間で変わる。

「ボワってなった」
佳子さんが、呟く。

着火。

そのリアルな変化が面白くて、笑ってしまった。
ーーーーーーーーーーーーー

八王子で12年。
カウンセリングルーム「ハルモニア」を主宰している
加藤佳子さん。
心理カウンセラーで整体師でteateセラピストでヨガインストラクターでアロマテラピストで……
混乱するのでこの辺にしておく。
とにかく学びの多い方。

出会いは、共通のお友達で
自宅でteateセラピーをしている大原廣恵さんの家のリビングだった。

このリビングで廣恵さんの施術前後にすれ違い、出会う人とは、
その後のお付き合いに発展する事が多く、
「シンクロニシティの間」と私は勝手に理解している。

そして例外なくこの加藤佳子さんとも、
中々濃いめの「その後のお付き合い」をさせていただいているのだ。

彼女はもう十分なくらい学びが多岐にわたり深いのだが、
1度「知りたい」と思うと止められない性格で、
すでに私が習得していたレイキについても、
学びたいタイミングがやって来て、
昨年末、マスターまでコンプリートされた。
何もかも完璧な彼女だけど、
唯一、レイキだけは学びが私の方が先輩という事で、
先日、
「私のレイキトリートメントをチェックしてくれる?」と
言ってくれた。

私としては、
そもそも、この方は、改めてレイキとか学ばなくたって、
ほぼ、OKじゃないかと思っていたので、
そういうへりくだった言い方で、
私を癒してくれようとしてるんだなと察知した。

私は彼女の主催するカウンセリングルームで、
毎週金曜日、彼女と一緒に
「季節の症例別アロマヨガ」というクラスをさせてもらっている。
アロマテラピストでもある佳子さんが、
その時の生徒さんの体調や、中医学の流れから、薬効効果の高い、
ヤングリビング社のアロマエッセンシャルオイルを紹介してくれて、
それを取り入れながらヨガも学べる、
講義付きのヨガクラスだ。

このクラスの後に、
一緒にお昼ご飯を食べて、
彼女のレイキトリートメントを受けた。

でも、これは建前上「チェック」なので、
一応、お客さん気分ではなく、ちゃんと見ておく風を装い、横になる。

ハンドポジションを確認し、
ファーストタッチ。

彼女はマスターシンボルのマントラを唱え忘れていた。

口に出すものではないけど、
なんとなく、忘れているかな…と思い、

「マントラは、どのポジションでも唱えるのが、
一応、スタンダードです。」

「あ、そうか」

すでにまぶたの上に置かれていた
手の温度が瞬間で変わる。

「ボワってなった」
佳子さんが、呟く。

着火。

そのリアルな変化が面白くて、笑ってしまった。

熱が落ち着き始め、
だんだんと、静かな時間が流れ始めると、
私は意識的に自分自身を切り離すように持っていってみた。
もう施術をチェックをする必要はなかった。
するとすぐに、私のマインドはその場にいる事が出来なくなったのだと思う。
ただ真っ暗闇の中で、何もかもが静止してしまった。
一切の思考もなく、時間もない。
寝てもいない。
うつ伏せのポジションに入るために動いても、
すぐに暗闇の中へ…
ただ、うつ伏せは、時々よだれが出てしまい、
慌ててすするような瞬間は何回かあった。
佳子さんもまた、
ポジションを変えるタイミングを感じながらも、
意識の世界に落ちていたそうだ。

全て終わると、しばらく肉体がなくて動けなかった。
そのまま、なんとなくteate(てあて)セラピーに変わっていく。

「私、施術好きだよね〜」

と、自然に私の肉体と会話を始めていく。

触り方が全然違う。

こうやって連続でレイキとteateを受ける経験は中々ないと思う。

teateは肉体を起こしてくれた。
肉体にアプローチしている事を分からせる施術なんだそう。
整体師でもある彼女は、
自分の体の使える所を全て使って、
私の体を調整していく。
こんなに優しく滑らかに動けるものかと感心する。
それだけの経験があるのだろうと、
彼女の歴史に頭が下がる。

私達の間には、
完全な信頼関係があったとわかる。
そうでなければ、2人同時にレイキエネルギーの中に、
消えてしまう事は出来なかったはず。

1人で座って瞑想の姿勢に入っても、
無私の状態になれるのは、せいぜい数分。
全くダメな時の方が多いくらいだ。
しかし、こうやって完全に委ねられる存在を介することで、
1時間近く保つ事が出来たのだ。
もちろん、私が日々レイキと共にある事、
加藤佳子さんが日々エネルギーワークに従事している事、
お腹が満たされていた事、
部屋の温度、空間…、全てが作用しての事だと思う。
そして、全て必然的に起きた事だった。

レイキはその人に必要な作用をもたらしてくれる。

私は、自分の本質の声が聞きたい。
私の残りの人生は、それだけでいい。

目まぐるしい日常の中で、
何かを取りこぼしているような焦りにかられる事がある。
この問題は、本質の中に「ただ在る」事だけで解消される。

それが継続的に起こるのはどんな状態なのか、
しっかり習得した時間になった。
加藤佳子さんから受け取ったこの体験を、
今度は私が誰かにしてあげられる様になれたら良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA